スマートEXで早特商品が利用できるらしいけどエクスプレス予約会員は退会すべき?



17年9月30日よりスマートEXのサービスが開始されるとのことで話題になってる。

手持ちのクレジットカード交通系ICカードでチケットレスで新幹線に乗車できるようになるということで、ペーパーレス社会なのに切符とか煩わしいな〜、これなくしただけで全額支払いとか古い仕組みだよな〜、とか日々思っていた人には待ちわびたニュースだろう(エクスプレス予約会員になれよというツッコミは置いといて)

調べるとスマートEXを利用すると利用料金もちょっと安くなるという。金額にして200円。まぁ、チケットレスになった上に少し料金も割り引いてくれるというのはありがたいことではある。

とはいえ200円程度であれば、年に2回とか名古屋や新大阪に新幹線で赴いたり、年に1回でも家族で帰省したりする人なら、年会費がかかるとはいえエクスプレス予約会員になる方がお得だ

スマートEXエクスプレス予約の比較はこちら


※画像はJR東海HPより。アイキャッチ画像も含め全て同


スマートEXでは早特割引が利用できる

基本は200円程度しか割り引かれないのだけど、3日前までに予約したりした場合はエクスプレス予約と同様に早特割引が適用されるとのこと。

調べた感じ早特割引の内容はエクスプレス予約と同内容。その割引額といったら、21日前までの予約であれば東京〜名古屋間で2,290円も割り引かれる。急な出張ばかりのビジネスマンならともなく、実家帰省とか旅行で新幹線を利用する程度であれば、ある程度事前に予定も決まるだろうから早特割引の恩恵を授かることが可能ではないか。早特割引が利用できるのであれば年会費払ってエクスプレス予約会員にならなくてもスマートEXの利用で十分ということになる。

ほんとうだろうか? 早特商品はいくつかあって、それぞれ条件が異なるようなので整理してみた。

商品【比較用】
エクスプレス予約サービス
EX早特EX早特21EXのぞみファミリー早特EXこだまファミリー早特
予約期間発車4分前まで3日前まで21日前まで3日前まで3日前まで
利用可能区間
(東京起点の場合)
全区間長距離区間(岡山以西)「のぞみ」の一部の区間
(東京→名古屋〜新山口)
「のぞみ」の一部の区間
(東京→名古屋〜新神戸)
「こだま」の一部の区間
(東京→名古屋・京都・新大阪)
変更の可否何度でも無料無料で変更可能(差額は必要)
対象列車「のぞみ」「みずほ」「ひかり」「さくら」「こだま」「のぞみ」「のぞみ」「のぞみ」「こだま」
対象座席指定席・グリーン・自由席指定席・グリーン指定席指定席・グリーン指定席・グリーン
利用可能曜日全日全日全日土休日全日
利用料金例
東京→静岡5,630円
(▲720円)
東京→豊橋8,220円
(▲720円)
東京→名古屋10,110円
(▲980円)
8,800円
(▲2,290円)
9,770円
(▲1,320円)
7,900円
(▲2,980円)
東京→新大阪13,370円
(▲1,080円)
11,000円
(▲3,450円)
12,340円
(▲2,110円)
9,900円
(▲4,240円)
東京→広島17,660円
(▲1,420円)
15,900円
(▲3,180円)
14,000円
(▲5,080円)
東京→博多21,320円
(▲1,630円)
17,400円
(▲5,550円)
備考年間を通じて、いつでも会員価格土休日は更に400円程度割引
繁忙時期は除外
繁忙時期は除外
乗車時間帯の制限あり
繁忙時期は除外繁忙時期は除外

参考:スマートEX 商品情報
参考:EX-ICサービス



なんか細かく制約があって使いたい時に割引が適用されない可能性が結構ある。

  • 東京から名古屋より手前(静岡、豊橋とか)に「ひかり」「こだま」で赴く場合に適用される早特商品はない
  • 東京から名古屋や新大阪に「のぞみ」で1人で赴く場合、21日前を過ぎると適用される早特商品はない(1週間前に決まった出張とか)

このあたりが利用頻度が多めな割に、割引の効かない残念なケースの代表例かな。



とはいえ「のぞみ」の停車駅へ赴く場合は、「EX早特」「EXのぞみファミリー早特」「EX早特21」をうまく利用すれば割引を受けられそうだ。

  • 岡山より先に行くのであれば3日前までの予約で「EX早特」の大幅な割引を受けられる
  • 週末に名古屋や新大阪に行く場合、2名以上であれば3日前までの予約で「EXのぞみファミリー早特」の割引を受けられる
  • 21日前までに予定が決まっているのであれば「のぞみ」の止まる比較的広い区間(名古屋〜新山口)で「EX早特21」の大幅な割引が受けられる



ただし、こんな制約がある。

  • 繁忙時期(年末年始、GW、お盆)には設定除外日がある
  • 「EX早特21」は乗車駅を朝6時台、昼11~15時台に出発する席数限定の商品である

なんと年末年始やお盆は利用できないのだ。実家帰省などで休みが年末年始やお盆の真っ只中でしか取得できない場合、残念ながら早特商品を利用できないということとなる。

要は、新幹線は利用するが「のぞみ」の停車駅でしか利用せず、お盆や年末年始の繁忙期ではなく、かつその予定がある程度事前に分かる人については、スマートEXの早特商品だけで事足りるので、エクスプレス予約会員になる必要はないということ。



大分限定的になってしまったけど、それ以外で新幹線を利用する人は、素直にエクスプレス予約会員になった方がお得ということかな。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする