グアムのWi-Fi情報のまとめとモバイルWi-Fiの海外レンタルサービス比較



海外でスマホが利用できることの恩恵は大きい。ちょっとした調べ物だけでなく、LINEでのやり取り、SNSの更新、暇潰しのソシャゲなど、そんなの旅行先でやるなよと言う人もいるかもしれないけど、若い世代は海外であっても普段通りネットに接続してスマホを利用したいと思うのではなかろうか。

僕は気になることはすぐネットで調べたいたちなので、やはりネットが利用できるのはありがたい。特に近々赴く予定のグアムでは、同行者と行動を別にすることが多いので、情報交換や集合の連絡などネットが利用できないと苦労することが目に見えている。

であればモバイルWi-Fiの海外レンタルサービスだ。

キャリアの海外パケットし放題なんてぼったくりすぎて(ソフトバンクで0~2,980円/日)論外だから、後はいかに安くモバイルWi-Fiを利用できるかだ。ちょっと調べてみよう。


そもそもモバイルWi-Fiは必要なのか

モバイルWi-Fiのレンタルサービスの記事だけど、早速脱線。でも、知らないでレンタルするのと、知っててレンタルするのは大違いだ。

昨今、そこそこの都市以上になるとフリーのWi-Fiが利用できるスポットは多い。今回の渡航先は新興国ではなくてグアムだ。フリーのWi-Fiがいたるところで利用できるのではないか。利用できそうなフリーWi-Fiを列挙してみる。

ホテルは宿泊者はホテル内でWi-Fi利用無料

言うまでもないけど有名なホテルはほとんどWi-Fiが無料で利用できる。
参考:アウトリガーHP

ショッピングモールもWi-Fi利用無料

日中はショッピングモールで過ごす時間は長いと思うからこれはありがたい。
参考:マイクロネシアモールでWifiが無料化された件

レストランやカフェ、ファーストフード店でWi-Fiが無料で利用できる

これも海外旅行では常識レベルだけどバーガーキングとかマクドナルドなどでフリーWi-Fiが利用できる。

シャトルバスでN日券を買うとWi-Fiが利用できる?

これはちょっとグアム特有な感じ。残念ながら一番メジャーな赤いシャトルバスは17年4月より廃止となった模様。ピンクトロリー(レアレアトロリー)は現時点でも利用できるようなのでこちらのバスのN日券を購入する場合は移動中もWi-Fiが利用できることとなる※
※17年8月末時点ではH.I.S.のオプショナルツアーとして「バス7日券+Wi-Fiカード」の申し込みが可能。料金は30$

参考1:レアレアWifi カード+LEALEAトロリー7日間券
参考2:グアムの移動に超便利!赤いシャトルバス完全活用ガイド

といったところ。最後の赤いシャトルバスで利用できなくなったのは大きいけど、ホテル、ショッピングモール、飲食店で無料Wi-Fiを利用できればそれだけで十分な人もいるはずだ。


フリーでないWi-Fiは?

無料Wi-Fiスポットの利用だけでは心もとないけど、モバイルWi-Fiをレンタル利用するほどでもないという人がいるかもしれない。最近下火な気もするけど、1日単位で契約して料金を支払うことで、街中を飛んでいるWi-Fiを利用するサービスもあるはずだ。

ちょっと調べて見たのだけどこれ結構情報少ない。現地法人のサービスっぽくて唯一ひっかかってきたのは「GUAMWiFi」。唯一ひっかかってきただけに、グアム最大級のアクセスエリアを有するとのこと。

GUAMWiFi

英語サイトから確認できた利用料金は以下。
$5.00 – 4 hours use
$10.00 – 24 hours use
$20.00 – 3days use
$30.00 – 7days use
$40.00 – 30days use

3日で20$ならモバイルWi-Fiをレンタルするより安い。4時間単位でも利用できるみたいだからフリーWi-Fiの利用できない日中だけ活用するというのも良さそうだ。

日本語サイトの利用方法によると、直接接続して、表示された画面にクレジットカード番号を入れればOKとのこと。ちょっと心配な人は現地でプリペイドカードも購入できるそうだ。赤いシャトルバスの運営会社と関係ありそうなので怪しい運営ではなさそうだけども。

古い情報だけど一応利用された方はいる模様
参考:グアムでWiFiするならプリペイドが気楽で良いかも

レアレアWi-Fi

利用できる人はツアー利用者に限られるけどH.I.S.のレアレアWi-Fiサービスも存在する。対象ツアー利用者なら無料らしいので、H.I.S.でグアム行く人は事前に対象かどうか聞いておいた方が良いだろう。

ちなみに、先ほどのバスの7日券もそうだが、H.I.S.のオプショナルツアーで探して申し込めば7日間有効なWi-Fiカードを誰でもゲット可能。料金は7日間で15$なのでかなり安い(18年8月時点)

JCBの無料Wi-Fi

一番の本命はこちら。

JCBカード所有者だとカード番号を入力することで街中を飛んでいるJCBのWi-Fiを無料で利用可能別記事で書いた通り、JCBのプロパーカードでなくても楽天のJCBカードなどでもOKなのでJCBのロゴ付きのカードを持っているのであればぜひ持って行って利用したいところ。


本題のモバイルWi-Fiの海外レンタルは?

結論から言うと、モバイルWi-Fiをレンタルしたい場合、価格.comを利用して好みの会社と契約すべし、との一言に尽きる。

グアムの場合「フォートラベル GLOBAL WiFi」「グローバルWiFi」「Wi-Ho(ワイホー)」「イモトのWiFi」あたりが低価格競争を繰り広げている模様。

ちょっと気になるのは「フォートラベル GLOBAL WiFi」「グローバルWiFi」

見積もってみると10円/日差で「フォートラベル GLOBAL WiFi」が安い。一方で、どちらも運営会社は「株式会社ビジョン」なので、サービス内容は変わらないはずだ。「フォートラベル」は「カカクコム」の子会社なので「フォートラベル」を経由することで最安値を実現しているということだろうか。

国名:グアム、日数:4日間、受取・返却場所:空港
データ通信端末 通信速度 4G-LTE 大容量 500MB/日
安心補償パックフル(300円/日で弁済金0円)

のプランで見積もったところ「フォートラベル GLOBAL WiFi」4,056円「グローバルWiFi」4,096円

「フォートラベル GLOBAL WiFi」の場合、フォートラベルポイントなるものも貯まるようで、特にこだわりがなければこいつが一番だろう。


グローバルWiFiは他社サイト経由でも契約できるけど…

JCBカード会員の場合、「JCBグローバルWiFi」定価の20%引きレンタル可能。受け渡し手数料500円も無料となる。

JCBという頭文字が付いているけど運営会社情報を見るとやはり「株式会社ビジョン」と書かれているので、「グローバルWiFi」のサービスであることが分かる。

カード会員限定の優待なのなら安いのかもしれない。ちょっと見積もってみよう。

前述と同様のプランで見積もったところ、「JCBグローバルWiFi」の場合、4,780円

JCBも特定サイトからの申し込みということで割引が適用されているのだけど、価格.comの方が単純に割引金額が大きいようだ。

JCBの20%OFFはオプションの安心補償パックやモバイルバッテリーのレンタルにも適用されるようなので、安心補償パックをMAXにしてモバイルバッテリーを付けたりすると、比較的価格は拮抗するも、それでも価格.comの方が少し安い。360度カメラやiPadでも追加でレンタルするのでなければ価格.comを利用した方が良さそうだ。

ちなみに比較するまでもないけどANAでもグローバルWiFiの割引をやっている模様。割引率は10%ととのことで前述の条件で5,378円とかなり割高になってしまった。ただ、100円の利用=3マイル貯まるらしいのでマイル貯めたい人には良いのかもしれない。


まとめ

グアムはかなり無料のWi-Fiサービスが充実している模様。JCBカードがあれば無料でJCBのWi-Fiスポットも利用できる。有料だけど急に利用したいと思った時はGUAMWiFiH.I.S.のWi-Fiサービスもある。

これだけあれば十分だと思うけど、それでも不安な場合や、エリア外に行くことがわかっている場合は、価格.comでモバイルWi-Fiをレンタルしよう。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする