Apple PayのSuicaでエクスプレス予約が利用できるようになる模様(10月23日〜)

エクスプレス予約は言わずと知れた新幹線をよく利用する人向けの有料の会員サービスだ。

年会費が1,080円かかる一方で、切符をネットで予約・変更したり、チケットレスで新幹線に乗れたりする。


※画像はエクスプレス予約のサイトから。アイキャッチ画像も同

一番のメリットは新幹線料金が割引になることで、その割引率は結構大きく、例えば新大阪に1回行くだけで年会費の元が取れたりするほど。年に複数回新幹線を利用する人は確実にお得になるサービスだ。

  • 東京→名古屋 980円引き
  • 東京→新大阪 1,080円引き


エクスプレス予約会員のなりかたとは?

で、このエクスプレス予約会員へのなり方だけど、3種類存在する。

  • JR東海エクスプレス・カードに入会して利用する(エクスプレス・カード会員)
  • 自前のクレジットカードにサービスを”プラス”して利用する(プラスEX会員)
  • ビューカード所持者が特約を追加して利用する(ビュー・エクスプレス特約)

年会費はどの方法で会員になっても同じだけど、エクスプレス・カード会員以外はグリーンプログラムが利用できない。グリーンプログラムはポイントを貯めるとグリーン車が無料で利用できるサービスだけど、東京→新大阪間を1年で6往復くらいする必要があって、出張の多いビジネスマン以外には特に意味がない。

よって、自分が一番利益を享受できる方法を選べば良いのだけど、一つの指針としてクレジットカードのポイント還元率がある。

  • 東海エクスプレス・カード 還元率0.5%
  • プラスEXが利用可能なカード(例:JCB EIT) 還元率1.0%
  • ビューカード 還元率1.5%

自前のクレジットカードにプラスするのであれば、場合によっては高還元率になる可能性はあるが、とはいえビューカードの1.5%還元を超えるカードはなかなかない。よって、エクスプレス会員になるならビューカードが手っ取り早くお得と判断されていた(所有者が多いと思われるビックカメラSuicaカードももちろんビューカードだ)


ビュー・エクスプレス特約はiPhoneでは利用できなかった

実はビュー・エクスプレス特約はモバイルSuicaを前提としたサービスで、モバイルSuicaとビューカードを連携した上で、ビューカード・エクスプレス特約の申し込みをする必要があった。

で、これ、iPhoneのApple PayのSuicaは対象外だったのだ。

何を言っているかよく分からないかもしれないが、どうもiPhoneのApple PayのSuicaは、Android端末などのモバイルSuicaとは別物らしい。


10月23日からApple PayのSuicaもエクスプレス予約のICカードとして利用できるようになる

本日(10月12日)、iPhoneのSuicaアプリのお知らせやメールで利用可能になるとのお知らせが届いた。ウェブページに掲載されているものと内容は同じだ。

【お知らせ】平成29年10月23日(月)より「Apple PayのSuica」でエクスプレス予約がご利用いただけるようになります。

10月23日(月)より「Apple PayのSuica」も「EX予約専用ICカード」としてご利用いただけるようになります。
※J-WESTカード会員・E予約専用会員Wは対象外です。
※Android端末の「モバイルSuica」と登録およびご利用方法は同じです。

ご利用には、Suicaアプリケーション(10月23日(月)午前4時以降、アプリをアップデート次第可能)でエクスプレス予約
の登録手続きが必要です。

届いたメールの内容も一部抜粋しておこう。

・10月23日(月)4時以降、Suicaアプリケーションをアップデートしていただくと、ご利用可能となります。
・ご利用には、Suicaアプリケーションでの申込操作に加え、エクスプレス予約専用サイトでの会員登録が必要です。
・ご利用には、Suicaアプリケーションの会員情報にビューカードを登録の上「ビュー・エクスプレス特約」にお申込み(同意)いただくか、JR東海「エクスプレス予約」へのご入会カードのご用意が必要です。

これらを見る限り、申し込みの方法は二つ。

  • エクスプレス予約サイトから会員登録を行い、Apple PayのSuicaアプリからエクスプレス予約の登録申し込みをする(エクスプレス・カード会員/プラスEX会員)
  • Apple PayのSuicaにビューカードを登録した上で、ビュー・エクスプレス特約に申し込む(ビュー・エクスプレス特約)

前者については、これまでiPhoneと連携できなかったというだけで、それほど目新しい気はしないけど、後者についてはiPhoneではビュー・エクスプレス特約は利用できなかったものが、利用できるようになった、ということなので実に喜ばしい。

先に書いた通り、ビューカード所有者は還元率の視点で、ビュー・エクスプレス特約を利用するのが一番お得なので、iPhone利用者でこれまで苦渋を舐めていた人は、このお知らせを待ち望んでいたに違いない!(かくゆう私もその一人でね)
 
 
※17年11月9日追記
上記の、Apple PayのSuicaにビューカードを登録した上で、ビュー・エクスプレス特約に申し込む、という作業の後、会員証を受領してから(約2週間のリードタイムあり)、再びApple PayのSuicaを開いてエクスレプス会員登録をする、というステップが必要な模様。作業自体はシンプルなのだけど、会員証発行のリードタイムがあるので要注意。
 
こちらは続きの記事。

Apple PayのSuicaからエクスプレス予約(ビュー・エクスプレス特約)の申込&設定の手順
以前にも記事にしたが、17年10月23日からApple PayのSuicaもエクスプレス予約のICカードとして利用できるようになった。 【お知らせ】平成29年10月23日(月)より「Apple PayのSuica」でエクスプレス予約がご利...
 



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする