スカイダイビングをやる予定だけど海外旅行保険には入れないの? 問い合わせてみた。

巷であふれている海外旅行保険だけど、どれもスカイダイビングのような危険なスポーツを行う場合は申し込み不可と記載がある。海外でスカイダイビングをやってる人は結構いるし、僕もグアムでスカイダイビングをやろうと考えているのだけど、そうすると海外旅行保険には入れないのだろうか?

Q&Aサイトで大手保険会社の見解を確認してみる

損保ジャパン日本興和 新・海外旅行保険【off!(オフ)】 ご契約にあたってのご質問
Q.スカイダイビングは「Step1 ご契約にあたってのご質問」にある「★5.危険なスポーツ」に該当しますか?
A.はい、スカイダイビングは危険なスポーツに該当しますので、ご旅行先でスカイダイビングをされる場合は、ご加入いただくことができません。海外旅行保険のお申し込みをご希望の場合は、最寄の取扱代理店・損保ジャパン日本興亜営業店にご相談ください。
AIU海外旅行保険 よくあるお問合せ:契約前-契約条件についてのご質問
Q.スカイダイビング(中略)など、危険な運動を行う場合は、海外旅行保険の申込みはできますか?
A.原則としてお引き受けできません。お引き受けできる場合でも、割増保険料が必要です。割増保険料を払い込まれていない場合は、保険金をお支払いできない場合や保険金を削減してお支払いする場合があります。インターネットからはお申し込みいただけませんのでご注意ください。

入れるのか入れないのか全然よく分からないけど、とりあえず店頭で相談してみろということか。


エイチ・エス社に問い合わせて見た

エイチ・エス社はネット契約で割安な海外旅行保険を提供している保険会社だけど、店頭で申し込むプランも存在する


※画像はエイチ・エス社HPより。以下の画像も同様

店頭なら申し込めるかも、ということで、こちらのファミリープランのパンフレットを見て見たのだけど、やはり3ページ目に「スカイダイビングを行う場合、原則としてお引き受けできません」との記載がある。一方で、「お引き受けできる場合でも割り増し保険料がかかる」という表現もあり、結局、引き受ける気があるのかないのか良く分からない。

ならば問い合わせだ。

エイチ・エス損害保険 お客様相談室
0120-937-836



以下は窓口の方との会話のやり取り。少し表現とか変えてる部分があるので悪しからず。

Q1.そもそも海外旅行保険を申し込めるの?

インターネットでは申し込めないので代理店(H.I.S.など)の店頭で申し込んでもらうことになりますが、そちらでスカイダイビングを行う旨を報告頂くと、当社(エイチ・エス社)に審査依頼が飛ぶことになっています。グアムの場合、スカイダイビングの会社は1社しかないので審査は・・・ゴニョゴニョ※

※明確な回答は避けられたけど、恐らく訪問する国や、スカイダイビングを提供している企業の信頼性とかで判断されるのではないかと。
 
Q2.申し込めるプランの制約はあるの?

スカイダイビングを行う場合、ファミリープランは申し込めません個人セットプランを申し込んでもらうことになります。

更に、保険金額にも制約がありますので、申し込めるプランは個人セットプランのM01(傷害死亡、傷害後遺傷害、治療・救援費用が最低金額である1,000万円のプラン)のみになります。
 
Q3.割増料金はどのくらいなの?

ケースに応じますが・・・。グアム4日間であれば、個人セットプランM01の保険料は通常4,180円になりますが、スカイダイビングを行う場合、およそ3~4倍になるかと思います。
 
Q4.スカイダイビングの会社で傷害保険に入るけど・・・

スカイダイビングの会社の方で傷害保険に入るため、スカイダイビング”以外”の旅行の補償ということで、保険に申し込んで頂くことはできませんスカイダイビングを実施するという事実があるだけで、上記制約(プランの制約や割増料金)が適用されることとなります。

・・・とても明確な回答でした。


H.I.S.の窓口でも聞いてみた

実際に申し込むにあたって、H.I.S.の窓口でも聞いてみたけど、エイチ・エス社と完全に同一の見解。当たり前か。ちなみに、審査に際してはスカイダイビング会社の情報(会社のウェブページや予約申し込みページ)などを添付する必要がある

雑談ベースで聞けたのは、告知しないで保険を申し込んだのに、スカイダイビングの怪我で保険金申請をしたら、減額されたものの保険金がおりた、とか、そういった事例も存在するということ。ただ、そういったルール違反の申請が何度かあったことで保険会社もナイーブとなり、いつ告知義務違反の盾を持ち出すか分からないとのこと(告知義務違反が明確になればスカイダイビングに関係ない保険金請求でも保険会社は拒否できる)


スカイダイビングを行う場合の海外旅行保険に関するまとめ

まとめるとこういうこと。

  • 店頭で申し込むと審査の上、保険への加入可否が決まる(書類添付が必要)
  • スカイダイビングをやると言った時点割増保険料を支払わなければ海外旅行保険に入れない
  • 申し込めるプランには制約がある(リスクを伴うため保険金:無制限とかそういったプランは選べない。下図の一番右のプランのみ
  • 割増保険料はかなり高い(実際は数倍で、割増というレベルではない)
  • 告知しなかった場合、保険に加入していても保険会社は告知義務違反を盾に保険金支払いを拒否できる

ここまで聞いて、告知しないでこっそり保険に加入する人はいないだろうけど、僕も例外なく割り増し保険料を支払って保険申し込みを行うことにした。万が一の場合の保険なのに、場合によっては支払い拒否されるとか、それは保険の意味がないじゃんと思うのだ。

後、割とぞっとしたのは、たまたま電話に出た問い合わせ窓口の方が、グアムでスカイダイビングを提供する企業が1社しかないと把握していたこと。窓口の方が知っているのなら、当然、保険金の支払い時に調査する人は知ってるだろうし、知ってるなら、ちょっとした拍子に連絡をとって確認してもおかしくない。連絡とられると当然、申し込んでいることがバレるのだから、隠してても意味がなさそうだ。

海外でスカイダイビングなどの危険スポーツを楽しみたいと思っている人は、ぜひ慎重に検討してもらえれば。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする