ビックカメラSuicaカードを利用している人がビックポイント残高を確認する方法



クレジットカードについて調べている最中に、ビックカメラSuicaカードを通常のショッピングで利用することで、「ビックポイント」なるものが貯まっていることに気付く。

これ、ちゃんと還元率とか気にしてカードを利用している人は当然把握していると思うけど、Suicaへのオートチャージを主目的としてカードを保有している人は、「ビューサンクスポイント」しか意識しておらず、「ビックポイント」の存在に気付いていないのではないかと思う

Suicaへのオートチャージやみどりの窓口でのチケット購入で「ビューサンクスポイント」が1.5%貯まるのはカード所有者なら当然理解していると思うし、貯まったポイントでSuicaをチャージして還元率の高さを体感もしているはずだ。

一方で、オートチャージ以外にもネットショッピングなどでクレジット払いをすると0.5%の「ビューサンクスポイント」が貯まる。と、ここまでは良いとして、実はこの時、「ビックポイント」も0.5%貯まっている。合計すると1%で、ビックカメラSuicaカードが通常利用の還元率1%をうたっている所以となっている。



画像はビックカメラ.comより。アイキャッチ画像も含め全て同


ビックポイントはどうやったら確認できるか

「ビューサンクスポイント」はView’s NETで確認できるけど、「ビックポイント」は確認できない。当然、店舗に行けば分かるけどやはりネットで確認したい。ビックカメラ.comの会員でかつ共通利用手続きを行なっていればポイント履歴が確認できるらしいけど、やってない人が多数だろう。

それ以外の方法はないのか? 検索すると照会ページが出て来る。


方法1:ビックカメラ.comのポイント照会ページから確認する

リンクはこちら

下部に「カード番号」と「電話番号」を入力する箇所があるので、入力してポイント照会ボタンを押す。ビックカメラSuicaカードの場合は、クレジットカードを入力するとのこと。

なんかちょっと脆弱な感じのするサイトデザインは置いておいて、何故か僕の場合、入力内容に誤りがあるとかでポイント残高を確認できなかった。電話番号の登録が違うのだろうか。でも電話番号なんて10年以上変えてないのだけども。


方法2:ビックポイントからSuicaへのチャージ申し込み画面を利用する

リンクはこちら

こちら、ビックポイントをSuicaチャージへ交換の申し込み(1,500ビックポイント=Suica1,000円相当チャージ)をする画面だけど、交換申し込みができるのならポイント残数も確認できるだろうと試してみるとビンゴ。

何故かこちらは前の画面と違い「カード番号」+「生年月日」が要求される。やはり脆弱な感じのするサイトデザインは置いておいて、それぞれ入力して、次の画面へボタンを押下。

見事、ポイント残高と有効期限が表示された。

ビューサンクスポイントはざくざく貯まっているのにこちらは思ったほどには貯まっていなかった。


カードを利用している限りポイントの有効期限は気にしなくて良さそう

8月半ばに確認した時点で、ポイントの有効期限は2019年7月末という。しかもポイント合計数に対して有効期限が指定されているということは、これ加算ごとに期限が延びるやつか!?と思って調べると書いてありました。

絵だと商品を購入しないと期限が延びないように見えるけど、下の説明にはポイントが加算された場合でも、期限が延びるとある。ビックカメラSuicaカードを利用することで、毎月ポイントは加算されるわけだから、利用を続けていれば実質無期限ということか(正確にはオートチャージ以外での利用を続けていれば)。

ビックカメラで商品を買わないと有効期限が延びないような表現をしているサイトも見受けられるけど、僕はここ2年くらいはビックカメラを利用していないから、19年7月末が有効期限ということは間違いなく通常のカード利用でのポイント加算で期限が延びるということだろう。


と、まぁ、利用を続ける限り無期限であることはわかったのだけど、僕の場合、小型の電化製品はもっぱらAmazonで購入しており、大型家電もしばらく購入する予定がない。となると、1.5:1の比率でのSuicaチャージへの交換になるのだけど、そうすると実質の還元率は1%を下回り0.83%となる。これなら他のカードを利用した方が良いので、記憶に新しい内にビックポイントは消化しておいた方が良さそうだ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする