WealthNaviとマネーフォワードの連携が開始された模様



ユーザーの声を受けて徐々にサービスを改善しているWealthNavi(ウェルスナビ)だけど、8月3日にMoneyforWard(マネーフォワード)との連携がついに可能になったようだ。

ロボアドバイザー「WealthNavi」、自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」とのAPI連携を開始

(前略)今回のAPI連携により、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の資産情報が安全な環境で提供され、「マネーフォワード」上で資産総額や各資産の状況が表示可能となります。お客様は、他の金融機関と一元管理を行っていただけるようになり、利便性が向上します。

現時点では、以下のサービスをご利用のお客様向けとなります。
・「WealthNavi」(当社に直接お申込をいただいた方)
・「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」
今後、「WealthNavi for SBI証券」にも対応していく予定です。

※トップのアイキャッチ画像は本プレスリリースから。

マネーフォワードというと、家計簿機能に加え、各口座の情報を一元管理でき、自分の総資産の状況を瞬時に確認できるFintechの家計簿アプリで一人勝ち状態のサービスだけど、これまで、住信SBIネット銀行やSBI証券とは連携できるものの、新しいサービスであるWealthNaviとは連携できていなかった。

そのため、例えば住信SBIネット銀行から毎月1万円WealthNaviに積み立てる設定をしていると、単純に1万円が未分類の支出として扱われていた

これでは総資産の金額を正しく把握できているとはいえないので、WealthNaviのアンケートなどでマネーフォワードと連携できるようにして欲しいと書いていたりしたのだけど、同じことを考えている人はたくさんいた模様で、この度、強い要望に答える形で、ついに連携が可能となったようだ。


さっそくマネーフォワードでWealthNaviを追加

というわけでマネーフォワード(ウェブ版)でWealthNaviを早速追加してみた。プレミアム会員でないので、登録口座の上限に引っかかり利用頻度の低い口座を削除する羽目になってしまったが止むを得ない。

マネーフォワードのカテゴリーは「投信」である模様。「証券」とか「その他」とか1分くらい探してしまったわ。

いつものWealthNaviのログイン画面に遷移して、IDとパスワードを入力した後、連携の注意事項に同意するだけで完了。

追加することで当然総資産の金額は増えたが、それ以外はこれといって何ということはない。

詳細画面では現金やETFの評価額が見えるので、マネーフォワードだけ見る人はわざわざWealthNaviのサイトへログインする手間が省けるようになったのかな。WealthNaviのUIの方が優れているので、僕はちょくちょくWealthNaviの方へもログインを続けることだろう。




住信SBIネット銀行との連携が開始されてまだ半年も経っていないのに、要望への対応の早さはさすがという他ないな。今後もどんどんサービスを改善して行って欲しいと思う。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする