iPhoneとデジカメの連携ならWiFi SDカードよりSDカードリーダーの方が良くない?



旅行先とかでデジカメで撮影した画像をiPhoneに移動してSNSに投稿したいというケースがちょくちょくあるので、何とかならないかな〜、そういえばWiFi機能付きSDカードとかあったな〜と思って調べてみたけど、低評価な口コミがちょっと気になったりする。

で、よく考えたらSDカードリーダーで事足りるじゃん!ということに気づき、使ってみるとこれが非常にスムース。

これからWiFi機能付きSDカードを買おうと思っている人にも、SDカードリーダーで事足りる人が結構いるのではないかと思ったのでポスト。


WiFi機能付きSDカードの口コミが気になる

WiFi機能付きSDカードを調べていると、どうやら「FlashAir」「Eye-Fi」の2強の模様。

Eye-Fiは一括転送しかできないとのことで、iPhoneの容量不足が気になるのと、デジカメで撮る時は同じ構図を何枚も撮りまくるので、即却下。

多分、iPhoneの容量不足が気になる勢の方が多いと思うので、以下、「TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir III 最新世代 Wi-Fi SDHCカード Class10 日本製 [並行輸入品] (32GB)」を基準に調べてみた。

Amaozonの評価は3.9(2017/4月時点)
だいたい僕がAmazonで購入するものは評価が4以上なので、ちょっと勢いでポチッとするのはためらうところ。

大方、Amazonで星1つとか2つを付ける人は、たまたま不良品に当たったか、説明書とか良く読んでなくて使い方を誤っているかとかで、運が悪いか利用者の問題であるケースが多いのだけど、ただのクレーマーとは言い難いレビューもあったりする。

・ファームウェアのアップデートが必要になることがある(Olympus)
・アプリを立ち上げて画像が描画されるまでが長い
・転送速度も遅い
・初期設定が難しい
・接続が安定しない
・バッテリーの消耗が激しい
・データが破損した

残念ながら僕のカメラはOlympus。さすがに職業柄、ファームウェアのアップデートも含め、初期設定で匙を投げることはないだろうけど、思ったより面倒かもな〜というのが正直なところ。

で、どうしようかな〜と思いながら、関連商品とか眺めてたら、SDカードリーダーが目に飛び込んできた。


SDカードリーダー!その手があったか

SDカードリーダーなんて当然選択肢に上がってるよ、とか、SDカードリーダーを使いたくないからWiFi SDカードにしたんだよという人も多いだろうけど、何故か僕は全くSDカードリーダーという発想がなかった。

ちょっと使い勝手を比較してみよう。

WiFi機能付きSDカードの場合

  • 専用アプリを入れる必要がある
  • デジカメの電源が切れる/スリープになると転送できない
  • カード容量がいっぱいになってWiFi非対応のSDカードに切り替えると当然スマホと連係できない
  • 端末を選ばず連係できる
  • 同時に複数人でシェアできる
  • WiFiの初期設定が必要
  • 画像を移したい時はSDカードのWiFiに接続する必要がある
  • 画像の転送中は他のネットワークへは接続できない
  • 転送速度が遅い
  • WiFiが起動するまで時間がかかる

SDカードリーダーの場合

  • 専用アプリなどを入れる必要はない
  • デジカメ側の電源やバッテリー消費を気にする必要はない
  • 既に持ってるどのSDカードでも使える
  • コネクターが対応してない端末には転送できない
  • 特に設定は必要ない(挿すだけ)
  • 複数人にデータを同時に渡すことはできない(一人ずつ)
  • 電波状況に影響を受けない(オフラインでも移動可)
  • 転送速度はかなり早い
  • 持ち歩くコネクターが1つ増える

で、僕のライフスタイルに合わせて考えると、完全にSDカードリーダーで事足りてしまう。むしろ初期設定と転送速度の優位性の分だけ、SDカードリーダーに分がある。

  • 僕も妻もiPhone持ちなので、コネクターは共用できる
  • ノートPCへの画像の取り込みは、どうせ全部移動するので転送速度重視でSDカード直挿しで行う可能性が高い
  • 友人との旅行などで、友人がWiFi非対応のデジカメで撮影したデータもその場でもらえるかもしれない
  • SDカードのデータをPCとかに移し忘れててカード容量がいっぱいになった場合に、予備のSDカードを利用する場合でもデータは取り込める(WiFi機能付きSDカードの場合、念のため2枚持ってたりすると費用がかかる)
  • モバイルバッテリーやコネクタ類は元々持ち歩いてるので1つ増えても気にならない
  • 旅先で写真を移動するのは恐らく休憩中だろうから、転送速度はそれほど気にならないけど、早ければトイレ休憩中とかでも転送できるかもしれない


SDカードリーダーを購入

SDカードリーダーも多々あるけど、iPhoneでしか利用しないのなら純正品がやはり安心。
値段も3,200円と、WiFi機能付きSDカードを購入するのに比べるとそれほど高くない。

iPhoneに装着して見た感じ。
ケーブルとかこんな長くなくて良いんだけど、あまりに短いと、落とした時にしなりが悪くて、先端が折れちゃったりするんだよな(経験談)

で、SDカードを挿入するとiPhoneのカメラロールアプリが自動的に立ち上がって、読み込みモードになる。

読み込みたい画像を選択して読み込みを押下すると、ほぼ瞬時に画像の取り込みが完了する。

早速、旅先で使ってみたけど、休憩中どころか公園内で歩きながらでも、イヤホンで音楽聴くくらいの感覚で、さくっとデータを取り込みできて良い感じ(歩きスマホ禁止)

妻に聞くとAirDropで送れといわれたけど(凹)送ったデータをすぐさまLINEで母親に共有していて、カメラ撮影の意義が広がったな〜と強く実感。今後は躊躇うことなくどしどしカメラで写真を撮っていくぞ〜!




スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする