朝のパン食をちょっと豊かにしてくれるシンガポールのカヤジャム



日本ではあまり出回っておらず、シンガポールに行ったことがある人くらいしか知らない
「カヤジャム」というジャムがある。


シンガポール名物の「カヤトースト」

シンガポールの名物料理と聞くと、日本でも有名な「チキンライス」の他に、「ラクサ」「チリクラブ」などが出て来るけど、それに並ぶ勢いで「カヤトースト」もおすすめとして良く挙げられる。

その「カヤトースト」をシンガポールで食べられる一番有名なお店が「ヤ・クン・カヤ・トースト」

僕もシンガポールへ旅行で行った際に初めて食べたけど、何か茶色のパンに謎の緑色のクリームのようなものが挟まっていて、これ大丈夫かなとか思いながら食べたら美味しい。何これ?芋?栗? ジャムという固定観念を崩される勢い。

後で調べたら原料はココナッツミルクと卵。原料を知ってしまうと、コロンブスの卵状態だけど、知らないと色は緑だし、食べたことないような味だしで好奇心をくすぐられること間違いなし。多分、このミステリアス感もファンの獲得に貢献しているのではないかと思う。


カヤトーストを日本で食べたい

少し前まで、豊洲のららぽーとに「ヤ・クン」のお店があったのだけど、それも閉店してしまって、いまや日本でカヤトーストにありつく方法はほとんど無い。品川の「シンガポール シーフードリパブリック」にあるという噂もあるけど、結構お高いのでちょっと躊躇するところ。

我が家では奥さんがかなりのカヤトーストファンで、豊洲のお店の閉店を心底残念がっていた。

で、「ヤ・クン」のカヤトーストは諦めるとしても、せめてあのカヤジャムだけ手に入れる方法は無いものかと思い、調べるとちゃんとある。

ラッフルズホテル カヤジャム
2,137円(17/4月時点)

ラッフルズホテルというとシンガポールの最名門ホテルだけど、それだけのことはあって、ただのジャムなのに高い。

こりゃちょっと手を出せないな、と思って、しばらくは別の安いやつを食べてたのだけど、最近になって急にこんなやつが出てきてる(最近と言っても1年と少しくらい前)

プレミアム ノンヤ カヤジャム 280g
780円(17/4月時点)

口コミを見るとマリーナベイサンズのお土産ショップで売ってるとか書いてあって、更に調べると、どうもカヤジャムを個人? でシンガポールから輸入して販売している中の人がいる模様。

カヤジャム販売記
日本へシンキーカヤ社のカヤジャムを輸入し、Amazonやヤフーショッピングで販売開始しました。まだまだ普及していない美味しいカヤジャムをもっと多くの日本の人に食べてもらおうと始めました。

その心意気や良し。現地で販売されているというのであれば、「ヤ・クン」のものではないとはいえ、十分満足できるはずだ。

現地に友人がいたとしてもここまで安価で入手できる気がしないので早速利用させてもらった。


Amazonで購入できるノンヤのカヤジャム

本当は「ヤ・クン」の謎の茶色いパンが欲しいとこだけど、目的はカヤジャムにあるので、パンは何でも良いと思う。

うちでは普通の食パンにカヤジャムを付けて食べてる。

現地でお土産で売ってるというノンヤのカヤジャムは流石に甘さや口当たりの具合がパーフェクト。人によっては甘過ぎるという人もいるみたいだけど、「ヤ・クン」のやつも甘かったのでこれくらいが良いと思う。

妻に聞いてみると、何か「ヤ・クン」のやつはもうちょっとインパクトがあったように思うけど、これはこれで美味しいとのこと。確かに僕もそんな気がするのだけど、何年も前の旅行の時の記憶だから、多分美化されてるだけだろうし、美味しいカヤジャムにありつけるのならそれで良いと思うのだ。

朝食がパン派の人は、つけるジャムくらいでしか変化を付けられないと思うので、普段は食べない珍しいジャムを導入して、朝のパン食をちょっと豊かにしてみてはどうだろう。

ただ、こちらの品、前述の通り小規模で調達しているようなので、ついこの間まで在庫切れになったりもしてたみたい。今後、爆発的人気とかで販売停止にならないことを祈るばかり。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする